複数のカードローンを一本化する!

最近はカードローンを利用する際には審査などが厳しくなっているので、
多くても3件程度のローンしか利用出来なくなっております。
それ以上となると審査に落ちてしまうことが多くなるはずです。
申込時には他社からの借入状況などを記載する項目もあるので、
実際に利用している方は正確に記述しておいた方が無難です。
仮に知らんぷりしていても金融業者が調べれば直ぐに分かってしまいますので、
利用者の信頼性を落とすだけになってしまいます。
出来ればこうしたカードローンを利用する際には、
他社で魅力的なサービス、例えば無利息期間や低金利などがない限りは、
1社に留めておいた方が良いはずです。
やはり複数業者からの借り入れとなると一挙に信用度が落ちるので、
あまりオススメすることは出来ません。
ましてや利用限度額一杯まで借り入れを行ってしまったので、
他社で新規に利用するような方は債務返済に困窮する事態になりかねません。
したがって複数の金融業者を利用する際には、
第一に支払い能力をしっかりと考えた上で利用する事をオススメします。
さらに複数の金融業者から借り入れを行うデメリットとしては、
返済期日や返済額が管理できないことが挙げられます。
こうした期日や金額は利用する金融業者によってまちまちでしょうから、
返済期日を逃してしまったり支払い当日にお金がなかったりなど、
ミスやトラブルを起こしてしまう原因にもなりかねないのです。
ですのですでに複数の金融業者から融資を受けている方は、
この期にカードローンの借り換えを行って一本化しておくと良いでしょう。
こうしておけば支払期日に遅れることも返済額を見誤ることもなく安心です。
しかも借り換えの際により金利の低い金融業者を利用すれば、
経済的な負担も低減されるのでとてもお得です。
でもこれは何となく虫の良い話にも聞こえますので、
実際にこのようなことが出来るので疑問にも思えますが、
「おまとめローン」と言った言葉がこの借り換えに相当するので安心です。
複数の金融業者から融資を受けていればその利用したタイミングや期間によって、
金利も様々あるはずですよね。
こうしたバラバラの利息払いは経済的な負担も大きいので、
このおまとめローンを活用して1本にまとめてしまえばよいのです。
ただしこのシステムはとても便利な借り換え手法ですので、
複数の融資を受けている方がすべて利用出来る訳ではないのです。
やはりすでに借入件数が多い方や借り入れた総額が多い方は、
審査の際に問題が起こるのが一般です。
そうなると希望金額の借り入れが困難であったり、
残念ながら借り換え自体を断られることもあるので要注意です。
ですので融資件数や金額が膨れあがる前に、
早めにおまとめローンを利用するべきなのです。
無事におまとめローンが利用出来たら、
もはやそれ以上の融資先や融資額を増やすことはやめましょう。
カードローンは支払限度額であればいつでも何回でも利用出来るので、
利用枠内で利用して行くことが肝心なのです。

Posted in カードローンについて | コメントは受け付けていません。

利便性、安全性が高く、低金利のカードローンのご紹介

お手軽にお金を借りようとすると、最もポピュラーな方法は、カードローンです。
では、どうやれば利用できるのでしょうか?
まず、カードを発行している先は、カード会社、いわゆる信販会社がメジャーです。
他には、消費者金融もよく知られています。
最近では、銀行系のカードローンもCMなどで積極的展開しています。
信販会社系や消費者金融系は銀行系に比べ、審査が早いこと特長です。
対して、銀行系は利息が安いという面にメリットがあるようです。
そんな、カードローン業界に最近新たな勢力が現れ出しています。
それは、IT系のカードです。
具体的にはIT産業を専業にしている会社が発行しているものになります。
例えば、インターネットショッピングサイトを運営している会社や、検索エンジンの提供会社、携帯電話の販売会社など様々な会社がカードを発行しています。
このIT系が勢力を拡大しているのは、信販系、消費者金融系、銀行系に比べ、固定費がかかりにくいことが背景にあるそうです。
平たく言うと、“店舗がいらない”ということです。
いつでも、どこでも、活用できるということがITの特徴です。
当然、カードローンにおいても、この部分は譲られないということです。
ローンの申込審査、返済など取引の大半をインターネットや携帯電話、スマートフォンで行うことができるようです。
そうなると、店舗にかかる減価償却費、賃貸なら賃貸料、有人であれば人件費などの経費が削減できます。
そして、その削減効果は金利に反映できます。
そのため、IT系の金利は他よりも安く設定されているそうです。
これだけでも、ユーザーには大きなメリットがありますが、さらに別のメリットもあります。
ちょっと想像してください。
もし、家の近くの有人店舗でローンを申し込みしたり、店舗据え付けのATMで返済した場合、知り合いの人が店員かもしれません。
仮に店員でなくても、顔と名前、住所、借入額を他人に知られる可能性があります。
しかし、インターネットや携帯電話、スマートフォンであれば対面することはなく、大切なプライバシーが守られる可能性が高くなると思われます。
しかも、ITの専門家の集団ですので、ハッキング防止のため様々な手段を講じています。
もしハッキングされたらと心配される方もいるかもしれませんが、これもインターネットショッピング同様、借りていないならば、借入をする必要はないわけですので、断ればいいだけのことです。
安全性も高いと感じます。
しかし、あまりに便利すぎるためちょっと自制すべき面もあります。
対面でないだけに、気軽に借りやすい側面も否定できません。
借り過ぎてしまう可能性はありますので、その点は是非、ご個人で預金残高や今後の収入からしっかり管理してもらう必要はあります。
インターネット、携帯電話、スマートフォンを活用するだけで、利便性、安全性が高く、低金利で借りられるシステムは無視できません。
カードローンに興味のある方は、是非、IT系も候補に入れてみてください。

Posted in カードローンについて | コメントは受け付けていません。

新規参入が多くなりサービスが向上

カードローンというと、
消費者金融や信販会社を思い浮かべませんか?
私も消費者金融か信販会社だと思っていました。
ところが、最近は銀行もそして大手IT企業まで参入しているんです。
銀行は知っていましたがIT系というのは最近になって知りました。
最初はITってどこだ?って思ったんですが、
名前を聞いて「ああ、あそこ」とすぐわかりました。
なるほどと、あそこもそういえばローンがあったと気がつきました。
これだけ新規参入組が多くなると、
それぞれが競争し合ってサービスがよくなるものです。
金利やポイントプログラム、それに会員サポートなどが充実してきています。
そこから自分が利用したいところを選べばいいんですから、
利用者にとっては選択肢が広がって良いことです。
消費者金融にしても最近はずいぶん変わりました。
以前は、手軽に借りられるけど金利が高いというのが一般のイメージでした。
それもそのはずで、以前は、消費者金融では、
出資法を根拠に金利を決めていたんです。
出資法では、
上限金利が年29.2パーセントだったんですよ。
いまはグレーゾーン金利が撤廃されて、
最高金利で18パーセントまでとなっています。
この金利の差はかなり大きいと思いませんか?
しかも、消費者金融や信販会社で借りられるお金は、
年収の1/3までと上限が決められています。
これ以上の金額を越えて消費者金融や信販会社では借りられないんです。
ただ、銀行だけはその対象外になっています。
それで、最近銀行なら借りられるという広告が多くなっているんですね。
総量規制までの消費者金融と信販会社、
総量規制以上に借りられる銀行、
このどちらを利用したいかというと悩んでしまいそうです。
それというのも借りられる金額だけでは比較できないからです。
消費者金融の審査は、
銀行などと比べるとかなりスピーディーです。
審査をクリアすれば、
その日のうちでも融資を受けられることもできます。
消費者金融のなかには、
審査にかかる時間は30秒なんて言っているところもあります。
急にお金が必要になった時、
このスピーディーさには助けられることが多いんじゃないでしょうか。
競争が激しくなっていることで金利も以前より低くなっていますし、
イメージ的にも利用しやすくなっています。
店頭に行きにくい時は、
インターネットからでも申込むことができるのもいいですね。
口座に振込んでもらえば後は引き出すだけです。
消費者金融のカードローンを利用するなら、
できるだけ大手のところを利用したほうがいいですよ。
なぜなら、利用できるATMやCDが多いからです。
私が利用しているローンなんて、
いつも買い物に行っているスーパーのATMで利用できるんです。
借入はもちろん返済もできるので重宝しています。
これだけ全国ネットで利用できるというのは、
大手の消費者金融を利用するメリットだと思います。
いつお金が必要になるかわからないんですから、
いつでもお金が借りられるのは手軽で便利です。

Posted in カードローンについて | コメントは受け付けていません。

カードローンが利用出来る人の条件

カードローンをこれから利用しようとされる方の中には、
果たして自分が利用出来るのか心配になっている方もいるでしょう。
その対象者は年齢だけではなくて勤務形態、給与や他社からの借入状況など、
様々な要素によって決められるので、
中には不安な方もいるかと思います。
一般的には20歳以上であれば年齢的には対象となります。
最高年齢については金融業者によってまちまちですが、
70歳未満まで利用出来る場合が多く、次いで65最未満、
あるいは60歳未満までと大きな幅があるので要注意です。
ただ年齢というのは資格の有無程度しか判断されないので、
対象年齢であるからと言ってどなたでも利用出来る訳ではないのです。
そこはなんといってもお金を借りる訳ですから、
貸す側としてはきちんと返済をしてもらわなければなりませんよね。
そこで重要になるのは職業形態と収入です。
収入のない方や安定した収入のない方は、
金融業者によっては利用出来ないこともあります。
仮に利用出来たとしてもその利用限度枠にはかなりの制限がついているので、
希望通りの融資が受けられないのが一般です。
一方で定職者であり安定した収入のある方であれば、
返済能力が十分にあると認められるので、
ほぼ間違いなく融資が受けられるので、
こうした方は遠慮なく積極的に利用してみてはいかがでしょうか。
無収入の方や収入が不安定な方であっても、
主婦や専業主婦の方であればカードローンが利用出来る可能性が高いです。
この際の条件としては配偶者である旦那さんが定職についていて、
安定した収入があることが条件となっております。
要は旦那さんが保険のようなものになって融資を受けることが出来るのです。
ですのでフリーターなどでも世帯主の扶養などに入っていて、
世帯主の方がきちんと定職についていれば利用することも可能です。
この際にも希望通りの融資額が利用出来るかは分かりませんが、
それでもキャッシングが出来るのであればいざというときに便利ですよね。
これまで述べてきた内容からも分かる様に、
20歳以上で安定した収入のある方、
あるいは安定した収入のある方の扶養に入っている方であれば、
融資額の多少はさておきカードローンを利用する事が出来るのです。
実際に申し込み手続きを行う際に、
一般論として言われているのは銀行系のローンは審査が厳しくて、
消費者金融系のローンは審査が銀行系ほど厳しくないことです。
信販系のローンはこれら両者のちょうど中間的に位置するので、
こうした特徴を踏まえた上で申し込み手続きなどを行ってみてはいかがででしょうか。
特に定職についていない方は審査にパスすることが出来るのか、
きっと不安に思われる方も多いはずです。
万一審査に落ちてしまうと少なからずダメージを受けるでしょう。
こうした際のダメージを少なくして時間をムダにしたくない方は、
インターネットを利用して申し込みを行い審査を受けると良いでしょう。
これなら自宅で出来るので気軽に出来て便利ですよね。

Posted in カードローンについて | コメントは受け付けていません。

カードローンで借りたお金で資産運用してみよう

カードローンについて、私は肯定的な考えを持っています。
よくローンは借金だからしてはいけないという考えの人がいますが、お金というものの多彩な一面を見落としていると思います。
ローンを組むというのは将来の収入を見込んで、時間を前倒ししているのと同じと考えます。
例えば2週間後に給料をもらえる見込みがある場合に、カードローンでお金を借りるのは、2週間分の時間を前倒ししていると解釈できます。
利子というものはその2週間分の時間を早めた手数料、コストと考えます。
要するに2週間分の時間を利子を払って買ったわけで、その2週間にお金を有効に活用すればいいわけです。
最近消費税が上がるのではないかと取りざたされていますが、これからは政策の影響でいろいろな物の価格が上昇すると見込まれます。
もし、2週間後に値上げが確実な物があれば、どうしても必要な物については、お金を借りてでも購入して今のうちに入手しておくというのも賢い選択です。
こういう事例はお金を有効に活用したと考えます。
カードローンの会社はときどき無利子キャンペーンをしてくれます。
契約して最初の1か月目の借り入れは無利子とか、1か月分の金利をキャッシュバックしてくれるとか、このようなキャンペーンをしているときはチャンスです。
このようなキャンペーンをしてくれるタイミングでは。
お金を借りられるだけ借りて1か月の定期預金に入れておくのも方法です。
今はゼロ金利政策で雀の涙ほどしか利子は付かないけれども、利ザヤを稼ぐということを学ぶことができます。
規模こそ違いますが、大手の銀行が日銀相手にやっていることがまさにそれです。
大胆・異次元の金融緩和でゼロ金利で借りたお金で国債を買っているのです。
国債を買う資金はじゃぶじゃぶに貸してくれる訳ですから、いくらでも買えるわけです。
国債は政府がデフォルトしない限り安全ですから、大量買いをして利ざやで稼ぐのが銀行の収益源になっています。
最近は日銀が銀行の持っている国債を買い上げるということまで始めましたから、いつでもお金に換えられるというのも銀行にとっては美味しい話です。
銀行でさえこのようなことをやっている訳ですから、私たち庶民がカードローンのキャンペーンで無利子で借りたお金を活用して利ザヤを稼ぐというのを体験するのもいいものです。
1か月定期預金を、安全性の高い他の金融商品を買うのに振り向ければもっと上手に運用できます。
ハイリスクな金融商品を対象にすると借金をして博打をしているようなもので危険極まりないですが、元本保証の安全安心な金融商品もあるものです。
そういう商品はローリターンですが、もともとキャンペーンで無利子で借りたお金を原資にするのですから、わずかでも利ザヤが稼げたら御の字で、夢の不労所得を手に入れることができるのです。
お金というのは使うとか貯めるだけではなくて、運用するという使い方を覚えたら、お金がお金を生んでくれるようになります。
お金はいろいろな側面を持っているので十分研究してみましょう。

Posted in カードローンについて | コメントは受け付けていません。