カードローンが利用出来る人の条件

カードローンをこれから利用しようとされる方の中には、
果たして自分が利用出来るのか心配になっている方もいるでしょう。
その対象者は年齢だけではなくて勤務形態、給与や他社からの借入状況など、
様々な要素によって決められるので、
中には不安な方もいるかと思います。
一般的には20歳以上であれば年齢的には対象となります。
最高年齢については金融業者によってまちまちですが、
70歳未満まで利用出来る場合が多く、次いで65最未満、
あるいは60歳未満までと大きな幅があるので要注意です。
ただ年齢というのは資格の有無程度しか判断されないので、
対象年齢であるからと言ってどなたでも利用出来る訳ではないのです。
そこはなんといってもお金を借りる訳ですから、
貸す側としてはきちんと返済をしてもらわなければなりませんよね。
そこで重要になるのは職業形態と収入です。
収入のない方や安定した収入のない方は、
金融業者によっては利用出来ないこともあります。
仮に利用出来たとしてもその利用限度枠にはかなりの制限がついているので、
希望通りの融資が受けられないのが一般です。
一方で定職者であり安定した収入のある方であれば、
返済能力が十分にあると認められるので、
ほぼ間違いなく融資が受けられるので、
こうした方は遠慮なく積極的に利用してみてはいかがでしょうか。
無収入の方や収入が不安定な方であっても、
主婦や専業主婦の方であればカードローンが利用出来る可能性が高いです。
この際の条件としては配偶者である旦那さんが定職についていて、
安定した収入があることが条件となっております。
要は旦那さんが保険のようなものになって融資を受けることが出来るのです。
ですのでフリーターなどでも世帯主の扶養などに入っていて、
世帯主の方がきちんと定職についていれば利用することも可能です。
この際にも希望通りの融資額が利用出来るかは分かりませんが、
それでもキャッシングが出来るのであればいざというときに便利ですよね。
これまで述べてきた内容からも分かる様に、
20歳以上で安定した収入のある方、
あるいは安定した収入のある方の扶養に入っている方であれば、
融資額の多少はさておきカードローンを利用する事が出来るのです。
実際に申し込み手続きを行う際に、
一般論として言われているのは銀行系のローンは審査が厳しくて、
消費者金融系のローンは審査が銀行系ほど厳しくないことです。
信販系のローンはこれら両者のちょうど中間的に位置するので、
こうした特徴を踏まえた上で申し込み手続きなどを行ってみてはいかがででしょうか。
特に定職についていない方は審査にパスすることが出来るのか、
きっと不安に思われる方も多いはずです。
万一審査に落ちてしまうと少なからずダメージを受けるでしょう。
こうした際のダメージを少なくして時間をムダにしたくない方は、
インターネットを利用して申し込みを行い審査を受けると良いでしょう。
これなら自宅で出来るので気軽に出来て便利ですよね。

This entry was posted in カードローンについて. Bookmark the permalink.

Comments are closed.