利便性、安全性が高く、低金利のカードローンのご紹介

お手軽にお金を借りようとすると、最もポピュラーな方法は、カードローンです。
では、どうやれば利用できるのでしょうか?
まず、カードを発行している先は、カード会社、いわゆる信販会社がメジャーです。
他には、消費者金融もよく知られています。
最近では、銀行系のカードローンもCMなどで積極的展開しています。
信販会社系や消費者金融系は銀行系に比べ、審査が早いこと特長です。
対して、銀行系は利息が安いという面にメリットがあるようです。
そんな、カードローン業界に最近新たな勢力が現れ出しています。
それは、IT系のカードです。
具体的にはIT産業を専業にしている会社が発行しているものになります。
例えば、インターネットショッピングサイトを運営している会社や、検索エンジンの提供会社、携帯電話の販売会社など様々な会社がカードを発行しています。
このIT系が勢力を拡大しているのは、信販系、消費者金融系、銀行系に比べ、固定費がかかりにくいことが背景にあるそうです。
平たく言うと、“店舗がいらない”ということです。
いつでも、どこでも、活用できるということがITの特徴です。
当然、カードローンにおいても、この部分は譲られないということです。
ローンの申込審査、返済など取引の大半をインターネットや携帯電話、スマートフォンで行うことができるようです。
そうなると、店舗にかかる減価償却費、賃貸なら賃貸料、有人であれば人件費などの経費が削減できます。
そして、その削減効果は金利に反映できます。
そのため、IT系の金利は他よりも安く設定されているそうです。
これだけでも、ユーザーには大きなメリットがありますが、さらに別のメリットもあります。
ちょっと想像してください。
もし、家の近くの有人店舗でローンを申し込みしたり、店舗据え付けのATMで返済した場合、知り合いの人が店員かもしれません。
仮に店員でなくても、顔と名前、住所、借入額を他人に知られる可能性があります。
しかし、インターネットや携帯電話、スマートフォンであれば対面することはなく、大切なプライバシーが守られる可能性が高くなると思われます。
しかも、ITの専門家の集団ですので、ハッキング防止のため様々な手段を講じています。
もしハッキングされたらと心配される方もいるかもしれませんが、これもインターネットショッピング同様、借りていないならば、借入をする必要はないわけですので、断ればいいだけのことです。
安全性も高いと感じます。
しかし、あまりに便利すぎるためちょっと自制すべき面もあります。
対面でないだけに、気軽に借りやすい側面も否定できません。
借り過ぎてしまう可能性はありますので、その点は是非、ご個人で預金残高や今後の収入からしっかり管理してもらう必要はあります。
インターネット、携帯電話、スマートフォンを活用するだけで、利便性、安全性が高く、低金利で借りられるシステムは無視できません。
カードローンに興味のある方は、是非、IT系も候補に入れてみてください。

This entry was posted in カードローンについて. Bookmark the permalink.

Comments are closed.