複数のカードローンを一本化する!

最近はカードローンを利用する際には審査などが厳しくなっているので、
多くても3件程度のローンしか利用出来なくなっております。
それ以上となると審査に落ちてしまうことが多くなるはずです。
申込時には他社からの借入状況などを記載する項目もあるので、
実際に利用している方は正確に記述しておいた方が無難です。
仮に知らんぷりしていても金融業者が調べれば直ぐに分かってしまいますので、
利用者の信頼性を落とすだけになってしまいます。
出来ればこうしたカードローンを利用する際には、
他社で魅力的なサービス、例えば無利息期間や低金利などがない限りは、
1社に留めておいた方が良いはずです。
やはり複数業者からの借り入れとなると一挙に信用度が落ちるので、
あまりオススメすることは出来ません。
ましてや利用限度額一杯まで借り入れを行ってしまったので、
他社で新規に利用するような方は債務返済に困窮する事態になりかねません。
したがって複数の金融業者を利用する際には、
第一に支払い能力をしっかりと考えた上で利用する事をオススメします。
さらに複数の金融業者から借り入れを行うデメリットとしては、
返済期日や返済額が管理できないことが挙げられます。
こうした期日や金額は利用する金融業者によってまちまちでしょうから、
返済期日を逃してしまったり支払い当日にお金がなかったりなど、
ミスやトラブルを起こしてしまう原因にもなりかねないのです。
ですのですでに複数の金融業者から融資を受けている方は、
この期にカードローンの借り換えを行って一本化しておくと良いでしょう。
こうしておけば支払期日に遅れることも返済額を見誤ることもなく安心です。
しかも借り換えの際により金利の低い金融業者を利用すれば、
経済的な負担も低減されるのでとてもお得です。
でもこれは何となく虫の良い話にも聞こえますので、
実際にこのようなことが出来るので疑問にも思えますが、
「おまとめローン」と言った言葉がこの借り換えに相当するので安心です。
複数の金融業者から融資を受けていればその利用したタイミングや期間によって、
金利も様々あるはずですよね。
こうしたバラバラの利息払いは経済的な負担も大きいので、
このおまとめローンを活用して1本にまとめてしまえばよいのです。
ただしこのシステムはとても便利な借り換え手法ですので、
複数の融資を受けている方がすべて利用出来る訳ではないのです。
やはりすでに借入件数が多い方や借り入れた総額が多い方は、
審査の際に問題が起こるのが一般です。
そうなると希望金額の借り入れが困難であったり、
残念ながら借り換え自体を断られることもあるので要注意です。
ですので融資件数や金額が膨れあがる前に、
早めにおまとめローンを利用するべきなのです。
無事におまとめローンが利用出来たら、
もはやそれ以上の融資先や融資額を増やすことはやめましょう。
カードローンは支払限度額であればいつでも何回でも利用出来るので、
利用枠内で利用して行くことが肝心なのです。

This entry was posted in カードローンについて. Bookmark the permalink.

Comments are closed.